結婚相談/お見合いの心得♪   交際の秘訣♪

   


 
 

 ♪お見合いの心得♪

          

 私たち日本人は、一般的に初めての人と出会う場では社交下手と云われています。お見合いは男女共に緊張しますが、やはり男性の方から女性の緊張を和らげてあげることがお見合いの席上では大切なポイントです。
お見合いは、素晴らしい人生の出会いのひとつです。縁あって出会えることを感謝しながら、運命の出会いを確実なものにするためには、以下のことを心掛けて下さい♪

 服装は好印象のものを
男性は、出来るだけスーツにネクタイを着用しましょう(場合によっては軽装も可)
女性は、その季節のTPOをわきまえて、あまり華美に成り過ぎないように清楚で、持ち味である優しさ、明るさを心得て、お相手に失礼の無いように配慮しましょう。
お見合いをクリアしないことには、交際にも結婚にも進めません。お互いに相手に与える第一印象で安心させるのが服装です

 お見合い(集合)時間を厳守しましょう
お見合いは、第一印象が大切です。時間にルーズでは第一印象で減点です。
時間ギリギリは、10分前から来ているお相手に少しの不満の種が発生するかもしれません・・・遅刻は論外です。
出来れば、定刻10分前には指定の場所に行きましょう。特に車で行かれる方は想定外の渋滞にも対応できるように、充分に余裕を持って早めに出かけましょう。
万が一、事故等の突発的なことで遅れる場合は、早急に立会人等に連絡すること。

 緊張を和らげるには
★お見合いの席でお相手に関する何が知りたいか、どうやってその情報を引き出すか事前に考え自分の頭の中でシュミレーションし準備しておきましょう。
 ぶっつけ本番で迎えると思わぬ展開に出くわして慌ててしまい緊張が増すことにもなります。
★挨拶は、お互いに爽やかにはっきりと名乗って微笑みながら会釈しましょう。照れくさそうな態度、語尾が聞き取れないような挨拶は避けて下さい。

 明るい態度と会話を
お互いに、明るくハキハキと終始にこやかに会話しましょう。外観だけを見るのではなく、内容に重点を置いて良い面をみつけるようにしましょう。 質問だけに応えて沈黙したり、姿勢が悪く横を向いていたりするのはとんでもない事です。 
一見して、想像していたタイプと違った方でも、嫌な態度を出さず、人生勉強のつもりで大人の対応で有意義な会話としましょう。

 お見合い中の態度
お見合い中、アドバイザー(カウンセラー・仲人)が話している時でも、お見合い相手のことを気に掛けましょう。
お相手を見るのが恥ずかしく横を向いたり、アドバイザーとばかり話すのは避けて下さい。たとえ、アドバイザーからの質問でもお相手の方を向いて応えて下さい。
そして、相手のお話は、真剣に集中して聞きましょう。お相手が話しを始めたら誤解の無いよう集中して聞くことが大切です。そのお話の中から、質問をすると相手は質問に答えてくれますので、より詳しく相手を理解することが出来ます。

 上手な会話と質問で和やかに
男性が黙っていたら、女性も黙ってしまいます。お見合いの席上で女性に声をかけた後での沈黙は禁物です。出来れば男性がリードしましょう。
そのためには、あらかじめどういう会話にしようか幾通りかのストーリーを用意しておくと良いでしょう
例えば「家族のこと」「趣味」「仕事の内容」「今の住まいや実家の場所」「食べ物の嗜好」「生き方」「心に描いている夢」「週末の過ごし方」等々について話してあげると良いでしょう。 夢を語る男性は女性からみると魅力的に見えます。

 お見合い時間と行き先と費用
お互いに休日等を利用してのお見合いです、通常2〜3時間が適当でしょう。あまり気に入らない場合であっても30分〜1時間はお話して下さい。途中で「用事があります」は、お相手にとても失礼です。フィーリングが合って双方が意気投合すればもう少し長時間になっても問題ありません。
男性は、二人っきりになれば何処へ行くか位は考えて臨みましょう。女性の意見を聞いて女性側に特に希望が無ければお茶だけでなく外に出かける方がベターです♪
費用は、高額にならないようにお互いが気をつけお茶代は男性負担が一般的です。(所属する相談所によって若干ルールが違う場合もあるので所属する仲人さん、相談所に確認して下さい)
 お見合いの変更
 他の相談所の会員さんとのお見合い
自分が所属する相談所以外の会員さんとのお見合いの場合。
お見合いの席に、お相手が所属するアドバイザー(カウンセラー・仲人)も同席することになりますが、その時はお見合い相手だけでなく、同席したアドバイザーにも配意しましょう。
お相手からの返事は、お相手が所属するアドバイザーに帰ってきますので、お相手アドバイザーにも良い印象を与える必要があります。気に入って頂ければ、今後も良い人を紹介してくれるかもしれません、絶好の売り込みチャンスでもあります♪

 お見合い日の変更
原則として一度決まったお見合いは取りやめは出来ません。本人の病気、家族等の不幸等でやむを得ない場合は、事前に連絡して日程変更しましょう
変更が間に合わない直前になると、所属する相談所の規定によりキャンセル料等が発生します

 お見合いは相手の欠点を探す場ではない
お見合い当日は、「合わないような気がする・・・」「ちょっと違うような・・・」なんて考えないことです。
「マイナス面」ばかり考えていくと誰も自分に合わない・・・となってしまいます。 挙げ句には、「お見合いは私には合わないのかも」にもなり兼ねません。
お見合いは、相手の欠点を探す場ではなく、楽しい出会いの場です♪初めて会った人のイヤなところを探さなくても、もっと気楽にその日を楽しんで下さい。楽しめる人から結婚していきます

 お誘いできるチャンスが生まれたら積極的に
お話をするうちに、相手の態度が親しめるようになったり、目が輝きだしたり、趣味・嗜好が一致したり、二人が意気投合すれば男性はデートに誘うチャンスです。
ここで、不必要に間を置いてはいけません。しかし、誘い方によっては、お相手は直ぐには乗ってきません。 人生の伴侶を求めるあなたは大人でロマンチックな感じを醸し出せる誘い方を演出してほしいと思います
例えば、車と食べ物で意見が合ったと仮定します。デートのチャンスが生まれたら、今までの知識と経験で最も喜んでもらえると思うドライブコースを考え提案しましょう
「鷲羽山から瀬戸内海に沈んでいく夕日はとても綺麗なんです。瀬戸内海が一望できるレストラン○○○○の△△△△料理の味が又格別です。 あなたと一緒に美しい夕日を見ながら美味しい△△△△料理を食べられればこんな素晴らしいことはないと思います。是非、ご一緒して頂けますか♪」と具体的な場所と情景に女性はロマンティックな感じを受け、期待感が広がることでしょう。  
これは、お相手とその場の状況によりですが・・・・女性を誘う方法はいろいろありますが、やはり、具体性の伴った誘い方の方が女性の反応はハッキリすると思います。
肝心なことは、相手の女性が、この人とならデートしてみたい、又はしても良いと思ってもらえる誘い方を考え実行することです。

 支払いは堂々と
さて、楽しい会話も出来ました。自分のことを良く知ってもらい、彼女のこともかなり分かって喫茶店、レストランから出ることになりました。
男性は、さっと席を立ち、女性が支払うと言っても笑顔で断って自分で支払うようにしましょう。
レジの前で、うろたえたり、女性が「私の分です」とか云って渡されても受取ってはいけません。
これは結婚です。やはり、包容力がものを云います。何か物を買ってあげるということでもないし堂々と支払って下さい。今時、結婚しようか・・・という女性とのお見合いに割り勘はありません。 だからと言って、それを当たり前のように振舞う女性の心は見抜かなければなりませんよ。

 お別れ前にキメよう!
お見合い後のデートも終わり、お別れする時が来ました。男性が相手の女性と今後のお付き合いをしたいと思ったらここが勝負です。
どんな時でも、別れ際の言葉や顔は強く印象に残るものです。
笑顔で「気を付けて・・・・」を忘れてはいけません。そして、「是非、またお会いしたいです」「次は・・・へ行きましょう♪」と言葉をはっきりとさりげなく自分の意思を伝えてからお別れしましょう。

       


 

  お相手に嫌がられる会話、タブーな会話

一般的な会話の中にもお相手が嫌がる会話がありますが、一生のお相手になるかもしれない大切なお見合い相手の初対面の時には、避けなければいけない言葉、会話、質問が多くありますのでは配意しましょう

 【今までに何人の方とお見合いしましたか?】
 【どんな方とお見合いしましたか?】
 【前にお見合いした人のことをいろいろ話す】
どれも当日のお見合いには直接関係無いことです、今日初めて会った人のマイナス面の過去のことをあまり話したくも無いし、知りたくもありません。

 【入会金は幾らだった?等等、お互いの相談所のシステム比較をする】
これも2人のお見合いには全く関係ない、単なる興味本位の会話です。
お見合いはお相手の性格、趣味、考え方等を知る場であり相談所比較の場ではありません。

 【自分のことだけ一方的に話す】
会話等に自信の有る男性は、自分のアピールに夢中になりつい話過ぎてしまうことがあります。相手が、うなずいたり笑ってくれたからと云って、必ずしもも受け入れているとは限りません。
「あの人は私のことを何も聞いてくれない人」という印象を与えてしまいます。自分の事だけ喋っていたのでは、相手のことを知ることはできませんね。 会話はピンポン球のように、話したり、聞いたりと両方のバランスが大切です。

 【「私はあまりその気は無いけど親に云われて来ただけです」】
照れ隠しで言ってるつもりでしょうがお相手はショックです。
照れ隠しでなく本当に親に言われ自分の意思が無く来たのなら、お相手に失礼そのものです。結婚の対象でも無くなります

 【「母が」・・・を繰り返す】
いかに母親のことが大好きであっても、度を越すと世間的には「親離れ出来てない方」と受取られ敬遠されます

 【住所や電話番号をやたらと聞きたがる】

ほとんどの相談所が、お見合い結果と電話番号は相談所を通じて交わすこととなっています。 ルール違反にもなります。
 

      
 




 

  交際の秘訣、男性偏♪

♪嬉しいことに、お相手女性から交際希望の返事を頂きました♪♪
 お互いに好印象でのスタートです♪
     その日のうちにお礼の電話をしましょう♪
お見合いの好印象から覚めやまぬその日のうちにお礼の電話をして、楽しい交際のスタートをきりましょう。電話をかけるタイミングを逃さないことです。 
電話を掛けた時「今、良いですか?」位の気配りも大切です

 デートの約束〜デート中
★デートの日とか行先を決めるに当たっては、自分本位の都合を押し付けるのではなく、「この日とこの日のどちらの都合が良いですか」等、相手に選択権を与えて同意してもらえるように話をもっていく。
★約束時間に遅れる。言い訳をする。相手が見えても走らない。行先が決められず「何処に行く?」では、交際は長続きしません。
★「気に入ってもらえるにはどうしたら良いかなぁ」ではなく、お互いが気に入ったから今のデートがあることを忘れずに、お相手の女性を思い遣りながらも堂々と行動する。
★あまりお話が得意でない方は、「水族館」「動物園」が楽しい雰囲気になれるので意外とお勧めです♪

 デート、彼女が楽しそうにない、
    笑わないのは、あなたの顔が写っていると思え。
★どっちでも良いような態度でデートが終わったのでは・・・ 後はお断り返事が待っているだけかもしれません。
★お見合いの心得と同様の「上手な会話と質問で和やかに」の精神を引き続き貫きましょう。
そして、帰り際には、「今日は楽しかったです、又逢って頂けますか」と次の約束を忘れないで取り付けましょう♪

 本気で結婚したいなら、小まめに電話、メール、デートを重ねること。
お互いが「交際希望」の返事をして交際が始まっているにもかかわらず、数日後交際状況を聞けば、「相手が忙しくて逢えないと云ってそのままです」「今、忙しくて電話する時間が無くて・・・」「お互い会える日が一致しなくて・・・」こんな感じの方はほとんどが交際は終わります。いわゆる自然消滅タイプ。
結婚まで進む方は、お見合い日にも、気が合えば、お茶の後、遊びに行ったり、夕食まで楽しく過ごす方はたくさん居ます♪
「交際希望」⇒「男性から電話」⇒「デート」⇒「女性から電話」⇒「デート」→→→これを繰り返して「恋愛モード」に入ります。
「相手からもあまり電話も無いので・・まぁいいか」で、そのまんまにしていては婚約に進めません。
「恋愛ゾーン」「結婚」に進む方は、「仕事が忙がしくて・・・」とは言いません
仕事を予定している日にデートに誘われると、「その日は予定が入っているので、○△日では如何ですか」
忙しい時には、「晩ご飯だけでもご一緒しましょう」「会社が○○時に終わるので××時にお電話します」とか、次に繋がるお話を進めましょう。
「仕事が忙しいので・・・」は断り文句に等しく、前進することはありません。

 結婚に向って一歩づつでも前進しよう。
結婚相談所には入会する時には誰もが真剣に結婚相手を探すために入会しています。
更に、お見合いまで進むからには、その方を具体的に結婚相手と考えてお見合いしています。
そのことを踏まえて交際が始ったらには、結婚後の2人について話し合うことをしましょう
「結婚後の住む場所」「共働きか専業主婦か」「両親との同居は」「子供を産む時期と人数」等々話し合うべきことは幾らでもあります。
これらのことを話し合うことは、二人が一緒に過ごす新婚の夢を話し合うわけですから楽しい話し合いになります。

ところが、お見合いから1ヶ月経っても2ヶ月経っても、結婚について具体的な話を持ち出さずね楽しいだけのデートを重ねる男性が居られます。
結婚後について話会おうとしない男性に対し、女性は「この人は本気で結婚のことを考えていないのでは?」と不安に感じるようになります。
デートの度に、たとえ一歩づつでも結婚についての話し合いを進めることにより、2人の間の絆も一歩づつ前進し、やがてはハッピーエンドに向って前進していくことは間違いないでしょう♪

          

 



  交際の秘訣、女性偏♪

♪嬉しいことに、お相手男性から交際希望の返事を頂きました♪♪
 男性から最初の電話が掛かってきました♪明るくお返事しましょう♪
彼は、初めての電話!どきどきしているのです。快くお話、お返事しましょう。
たまたま、掛かってきたタイミングが悪いときであったなら「御免なさい、後で私から電話します」と返事をしておいて、都合が良い時間に掛けなおしてあげましょう。
彼からのデートの誘いの日が都合が悪ければ、「私は○○日と○○日が空いてます」と自分から合える日を云うようにしましょう。
「その日はダメ」とか「ずっと忙しい」とか、つっけんどうな返事だけでは厳禁です

 デートの日程調整が折り合わず時間が経ちました、今度はあなたから彼に電話しましょう♪
彼からの電話でデートの誘いに都合がつかず「又、電話します」のまま、忙しさに紛れて自然消滅ってこともあります
今度はこちらから、電話することを心掛けましょう。 出来るだけ逢うようにして話を進めないと逢うのがおっくうになります。
デートは出来れば、1週間〜10日までに逢えるのがベストです♪
少しの時間でも、会社帰りでも逢うように心掛けましょう

 デートです♪約束の時間に遅れない。逢った時、笑顔で話すことを忘れないように♪
遅刻する。相手が見えても走らない。挙げ句の果てに言い訳する、では終わりです
お互いにお見合いし気に入った結果のデートであることを忘れずに、明るく楽しく過ごしましょう

 デートの別れ際「楽しかった」ことを伝えましょう♪場合によっては次の約束も必要です♪
どっちでもいいような態度では次はありません。「何を考えているのやら・・」「一緒に居て疲れた」でも同様です。
デートの最後の顔は深く印象に残るものです♪送ってもらった時に、電車の駅なら改札で見えなくなる時に笑顔で振り向く。車で送ってもらったのなら彼の車を笑顔で見送る位の気持ちの余裕を持ちましょう♪

 デートの翌日のあなたから電話するのも大きなポイントです♪
電話するのは、いつも男性からと自分で勝手に決め付けてはいませんか。
結婚する相手には、女のプライドより「素直な可愛さ」をアピールしましょう
「昨日は美味しい○○をご馳走さまでした」「また、遊びに連れていって下さいね」「楽しかったです」
男性に包容力を求めるなら、女性は「思いやり、優しさ」でお返しするのが良いですね♪



ブログパーツUL5
by お見合いの心得♪